今治より、日々のこと

2019.08.19

メカニカルな 感じ

どうしてか 男こころを くすぐるものが。

 

なんか こう 機械らしいというか

まだ 真空管とか 目でも楽しめるし

 

こういったくらいで

いいのよね。

音楽再生。

 

音源も レコードで 充分いいし

浸っていられる。

 

この歳になってくると

 

浸れるって 大切ですね。

 

 

よい月曜を。

 

 

 

 

 

 

2019.08.16

 

お盆休みも おわり 今日から 平常運行中です。

台風も 去り

お盆も 過ぎて行き

 

風景も 変わって行くけれど

たのしい 思い出は 残り

 

そうして 秋に むかっていく

 

いろいろな 大切な キーワードは 浮かび

あとは やはり いろいろを 創造していくだけかなと。

 

それも すべて 過ぎ去っていくけれど

何かの 風景となって 消えて行くのかもしれないね。

みんな。

 

 

いろいろを 泣いたり笑ったり 苦労しながら 築き上げてみても

平家物語の 冒頭のように

まー 風の前の塵に同じと 言われちゃー

やりきれないけれど!

 

よい金曜を。

 

 

 

 

2019.08.09

 

最初に グッドデザイン賞 受賞して 十二年。。。。。

その後 ハンカチや レスキュータオルも 取れましたが、

ここ五年ほど 新しい 開発ができていなかったなー

 

そろそろ なんか

このところ

タオルの レシピの ような

アイデアの ようなものが こころに 浮かんでくるように

なってきたので ひとつか ふたつ 着想を 捕まえて

来年の デザイン賞に 出せるように

がんばって みよーと 思います。

 

なんでも 波ですね。

 

 

 

よい 金曜を。

 

 

 

 

2019.08.07

 

なぜか この透明な

四角のものに ひかれる

 

寒天のようで トーフのようで

透き通っていて

この 透明感が なんだか 本能的に憧れるのかな。

 

透明の海とか

透明感のある声とか

 

 

透明な建築

透明な フィリップジョンソンの グラスハウスなどあるけれど

半世紀たっても 今も 透明は常にモダンな気がする。。

 

 

よい水曜を。

 

 

2019.08.06

地元に ロクサンっていう バーがあり

22歳くらいの時の タオル組合の青年部会に

入ったその日だったと記憶していますが 夕食の後

連れていってもらって ご馳走してもらった思い出の店。

十八年ほど たった今でも 変わらず たまに

通っています。

 

なんだかな 一緒に行く友達や マスターと一緒に

歳をとって行く感じ。

お店も どんどん歳をとって

スッキリしていた店内も ヤカンが並んで

雑然としてきた。

 

店もマスターと一緒に 変わっていく。

ぼくも 街と一緒に 歳をとって 消えて行くんだろうな。

 

 

 

 

 

まぁそれも よし

 

 

2019.08.01

 

イサムノグチが 残してくれた

ギフト

 

庭園美術館

高松の 牟礼(むれ)にあります。

 

21歳の時 一度

41歳の時 一度

しか行ったことないですが

変わらず感動。

 

中にはいっていくと 写真は 撮ったらだめなのですが

そこ ここの 彫刻が たのしそうに

佇んでいる。

 

 

そういった 場を 贈り物として 置いて行ったんだな。

 

 

2019.07.31

 

ふと

夕方

空に向けた

カメラにうつった 星と月

 

こんなに 自然って エッジが

立ってるんだ。

 

シュッとしてるというか。

 

なんか 厳しい感じと モダンな感じと

 

 

そんな タオルも作ってみたいな。

 

 

夕方と自然は どこか スマした感じ

 

 

 

 

2019.07.30

どこまでも

透明な こころ

 

透明な 産地

透明な タオル工場

 

なんか そんな風に してみたくなってきたなー

 

自分のこころも 透明なままで

 

透明な タオル。。。

透明な アクリルなどの 化学繊維で 作ってみると

面白いかもしれないね。

 

 

よい 火曜を。

 

 

 

 

2019.07.28

船に たまに乗船すると いちいち

みてしまう いろいろな 業務的なデテイル。

どれも簡素化された形と サイン

色使い

 

妙にデザインされた感じがないというか

妙な美意識の入っていない すっきりとした

デザインというか。

 

機能のために ただ そうしたというだけの

デザイン。

民芸よりも さらに ある意味 研ぎ澄まされた

研ぎ澄ますつもりさえも ない 感じ。

こんなのが なんか やっぱり いいな。

よい 休日を。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.23

 

大徳寺のお寺の廊下

 

なんか 古いのに

百年以上たっていても きれいに

光っている。

 

日々の手入れ が 行き届いているからこそ

 

 

毎日が 全て

 

毎日の 行動が 全て

 

 

それが 床に現れていて

ヒントは いたるところに。

 

 

 

今日も よい火曜を。